読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅の話と日々のこと

2016年8月末からドイツに留学中

ドイツ生活213日目 新しいクラス1日目

2017年3月ドイツ

今日から新しいクラスでの授業です。

B1-2から始めるつもりで行ったら、B1-1でした。

ちょっと悲しい。

そんなに私のテストの点数、悪かったのかな…

といっても、B1-1の最終週らしいので、来週からは再びB1-2です。

 

そして、そんな半端なところでクラスに加わったため、明日はいきなりテストらしいです。

明日は自宅学習の日にしようと思います(笑)

 

新しいクラスですが、全員は揃っていないようです。

今日は、韓国3人、チュニジア、ロシア、イギリス、コスタリカ1人ずつでした。

みんな若くて、私が一番年上でした。

前のクラスに比べて静かなクラスだなぁと思いました。

教室に入るときに挨拶しないし、授業が終わって帰るときも挨拶なし。

休み時間もみんな静かにスマホをいじってました。

新人の私はともかく、他のみんなこのメンバーでずっと勉強しているわりに、そんなに仲良くないのでしょうか?

今日はたまたま?

 

先生は、若い男の先生でした。

先生まで休み時間は静かにスマホをいじっていたんですけど、このクラス、なんなんだろう…

ちょっと心配になってきました。

でも、一度習ったところだし、復習もかねて気楽に過ごそうかと思います。

今回のドイツ鉄道とのトラブル

ドイツ国内旅行

今日からドイツでは夏時間が始まりました。

1時間損した気分です(笑)

 

そして昨日は日帰り旅行でブレーメンまで行ってきました。

その話を書こうと思ったのですが、それよりもそこまでの行き帰りの電車の話で記事が1つ書けそうなので、まずはそれを書きます。

ドイツ鉄道とのトラブルについては、これまでも何度か書いてきました。

 

reisenundjedentag.hatenablog.com

 

 

reisenundjedentag.hatenablog.com

 

 

reisenundjedentag.hatenablog.com

 

ブログでは触れませんでしたが、先週のベルリンも、帰りの電車が30分遅れて乗り換えがギリギリだったのに、そのギリギリにダッシュでホームに行ったら、ホームの変更情報が出ていて、さらに別のホームまで走った、という苦い思い出があります。

ブログではベルリンの思い出を美しくまとめましたが実は、大変でした(汗)

 

でも、確実に今回が一番大変でした。

まず朝、時間より少し早めに駅に行ったら、電車が20分遅れている情報が出てました。

でもさすがドイツの皆さん、あわてることなくのんびり待ってます。

この時は私も、まぁ20分くらい待っても問題ない、と思ってました。

電車はその後、遅れた以外は問題なく、無事ブレーメンに到着しました。

 

大変だったのは帰りです。

行きが20分遅れだったので、帰りはどうなんだろう?と駅の電光掲示板を見たら、12個載っているうちの6個は遅延情報が出てきました。

でも、ありがたいことに、私が乗る予定の電車に遅延情報は出てませんでした。

トラブルは行きですでに起こったから、帰りは大丈夫そうだな、と時間通りにやってきた電車に乗り込み、席も確保し、さぁ出発!と思ったらアナウンスが。

「この電車は30分遅れて運行します」

30分!?

そういうのって、乗り込んだ今決まるものなの?

もしかしたらもっと詳しい情報も言っていたのかもしれないけど、そこまで複雑なドイツ語は理解できませんでした。

その後続けて、

「この電車は進路を変えて運行いたします。○○には行かず、△△へ向かいます」

えー!?私の駅、○○の次で、△△よりは前なんだけど、行くの?行かないの?

その後さらに詳しいルートの情報が伝えられ、△△の前に私が以前何度か乗り換えで利用したことがある駅にも停車することが分かったので、そのまま乗って行くことに。

 

でも、なかなか着かない・・・

実はこの日なぜかインターネットが使えず、唯一Googleマップが位置情報だけは示してくれたので、それだけを頼りにしていました。

本来なら1時間ちょっとで帰れるはずだったのに、1時間経ってもまだ乗り換えの駅は遠い・・・

SIMロック解除のパスワードが分からなかったので避けていたスマホの再起動を、どうせ状況は変わらないから、と試してみることにしました。

すると、たぶんこんな感じだったはず、と試したパスワードが合っていて、インターネットが使えようになりました!

乗り換え情報をあわてて調べ始めました。

どうやら、次の電車にはそんなに待たずに乗れそうです。

乗換駅への到着が近くなった時の新たなアナウンスでは、

「この電車は70分遅れて運行しております」

と言っていました。

70分遅れ+ルートの変更で、私は結果的に2時間遅れでの到着になるんですけどね...

 

予定より2時間も遅れたため、着いたときは真っ暗でした。

いくら平和な住宅街とはいえ、真っ暗な外国の街を一人で歩くのは怖かったです。

無事家に着いてほっとしました。

本当にもう、トラブルはこれで終わりにしてほしいですよ。

 

ただ、最初の頃のトラブルと比べて成長したな、と思ったのは、多少の電車の遅れを気にしなくなったのと、ドイツ語のアナウンスがある程度聞き取れ、乗務員さんにもドイツ語で質問できるようになったことですね。

今だったら、4ヶ月前はあきらめたStuttgartも行っていたかもしれません(笑)

トラブルはこりごりですが、こういうことを通して自分の成長を実感するんですね。

ドイツ生活210日目 B1がとりあえず終了

2017年3月ドイツ

今日はB1の終了テストがありました。

難しかったです!

勉強不足ももちろんあるけれど、A2のテストからだいぶレベルが上がったな、と思いました。

とにかく読ませる!

問題用紙は細かい文字でいっぱいでした。

問題の構成としては、読解問題があって、作文があって、最後に聞き取り。

作文以外は全てマークシート式での回答でした。

 

私は今回終了テストを受けていますが、合格点が取れても取れなくてもB2には進まず、再びB1の後半だけやる予定なので、4週間後にまた同じ試験を受けることになります。

でも、もしギリギリでも合格点を取っているようだったら、同じ試験を2回は受けたくないなぁ…

試験は疲れますね。

 

試験の後は、クラスのみんなでイタリアンを食べに行きました。

f:id:reisenundjedentag:20170324233153j:plain

それまで気づかなかったですが、このクラスに入ってまだ3週間のアメリカの学生たちも、私が無理と感じた先生に対して、すでに良い印象は持っていない模様。

でも、「それでも現実を受け入れるしかないんだよ」と、大人の意見を言ってました。

えらいなぁ。

でも、君たち2人はあと1週間で去るからね...

あれを4ヶ月は無理。

 

最近ドイツ語を学ぶことが楽しくなってきたので、授業も楽しく受けたい。

クラスのみんなとも仲良くなってきたので、別れるのは寂しいですが、新たなクラスできっとまたすてきな出会いがあるはず!

それに別れるといっても、同じ学校にいますしね(笑)

 

来週からどうなるのか全然わからない状態ですが、とりあえず試験が終わってすっきりしました。

明日は日帰り旅行に行ってきます。

ドイツ生活208日 もう我慢の限界を超えました

2017年3月ドイツ

先週、大変かもしれないけれどB2でがんばろうかな、と書きましたが。

 

reisenundjedentag.hatenablog.com

 

クラスのレベルが変わっても、先生は変わらないこの学校。

もう、この先生のクラスでやっていくのは限界です。

 

勉強不足とか、そういうレベルじゃないな、と思いました。

できる学生中心に進み、わからない学生は置いてきぼり。

そんな彼女のお気に入りは、自分の国ですでにB1を終え、復習のためにB1にいる学生。

 

そして最近目立つのが、差別発言の多さ。

知り合いと思われたくないから、街中で中東系の生徒に話しかけてこないでもらいたいとか、仮にもドイツでこれから暮らしていこうという真面目な中東系の学生を前にして言います?

あと、アジア人学生が気に食わないのか、アジア人を表すとき、差別的なジェスチャーをしてきます。

こういうことをする人が外国人に教えているなんて、そんな人を雇う学校への信頼も揺らいできます。

 

そんな今週、この3か月間溜めてきたものが一気にあふれ出てしまいました。

一度この先生を信頼できないと思ったら、もう無理なんですね。

授業の途中で完全にやる気を失ってしまい、休み時間になったら早退する旨を伝え、そのまま事務室に向かいました。

今のレベルのクラスが1クラスしかないのは分かっていたので、先生を変えてくれないかと交渉したのですが、それは無理ということで、1つ上のクラスに行くか1つ下のクラスにするか決めるように言われました。

1つ上のクラスの授業についていける気はしないので、残念ながらB2はあきらめるしかないようです。

B2で頑張っていこうと決意した後に、この決断は本当につらいです。

ももう、今週のごたごたの後、彼女とこれ以上頑張れる気がしません。

ありがたいことに、今週の彼女の授業は今日で終わりで、このままクラスを変えればもうこれ以上彼女の授業を受ける必要はありません。

来週からはのびのびと授業を受けようかと思います。

4度目のベルリン④ お気に入りの風景

ドイツ国内旅行

今回は何気ない風景も写真に収めました。

たとえば、アンペルマン

f:id:reisenundjedentag:20170321233039j:plain

f:id:reisenundjedentag:20170321233104j:plain

アンペルマンの信号を見ることができるのはベルリンだけです。

 

そして地下鉄の駅。

f:id:reisenundjedentag:20170321233248j:plain

f:id:reisenundjedentag:20170321233337j:plain

このタイルの色がかわいくて好きです。

そして走る電車も黄色でかわいいんです。

f:id:reisenundjedentag:20170321233439j:plain

地下で撮った写真があまりよくなかったので、地上を走るほうも撮ってみました。

S-Bahnの電車より小柄でかわいいんです。

S-Bahnも、色遣いがレトロで好きですけどね。

f:id:reisenundjedentag:20170321233753j:plain

ま、この電車が東京を走っていたらちょっと違うかな、と思いますが。

ベルリンだからこそ似合う電車です。

 

今回が最後の滞在ということで、少しだけ寂しい気持ちになりましたが、もともと最初の訪問で最後になるはずだったベルリンにまさかの4回も訪問することになったこともあり、これが最後ではない気がするな、と前向きな気持ちでベルリンを去ることができました。

外国の同じ都市に自分の意思で4回の訪問は、台北の次に多いです。

いったん日本に帰ってしまったら、もう訪れることは難しいかもしれませんが、それでもベルリンは、大切な思い出の詰まった街です。

4度目のベルリン③ 不完全燃焼の食事

ドイツ国内旅行

今回は友だちの希望で、日本食レストランでお昼を食べました。

でも、私は正直そんなに好きではなかったです・・・

お店は広々していて、インテリアも使われている食器も素敵だったのに、接客がとっても残念でした。

お店に入っても、暇そうに作業している店員さんは、「いらっしゃいませ」もなければ、席に案内するわけでもなく。

仕方ないので勝手に席についても全然メニューを持ってきてくれないので、自分でメニューを取りに行かなければいけないのかと思いました。

暇そうにしているほうではない、奥にいた店員さんがだいぶ経ってから持ってきてくれました。

ホールに出ている店員さんは2人いて、途中から出てきたその人は比較的動いてましたけど、もう1人はお客のほうがその人のところまで行かないと、何もしてくれませんでした。

日本的接客に慣れているから、といってしまえばそれまでですが、ドイツ人のお客さんも混乱しているように見えました。

もしかして、お店の人は日本人ではないのかも?と思ったのですが、友だちが言うには、日本語で話していた、とのことでした。

日本料理のレストランを名乗るなら、もう少しましな接客をしてほしい・・・

チップが必要なタイプのお店だとしたら、絶対払いたくないお店です。

食べ物は美味しかったですよ。

美味しいというか、普通ですかね。

 

気を取り直して、前回ベルリンで見つけて、また絶対ここに行く!と思っていた台湾ドリンクスタンド。

f:id:reisenundjedentag:20170320224433j:plain

やってなかった・・・

本当に、これだけのためにベルリンに来たといってもよいくらいだったのに...

代わりに別のお店で買ったのですが、なぜか砂糖なしにされ、タピオカの量も少なく、全然美味しくなかったです。

来月別の街でリベンジします!

4度目のベルリン② 最後のベルリンでしたいこと、ベルリンの壁再訪

ドイツ国内旅行

今回ベルリンでしたことは、

①パーティーに参加

ベルリンの壁を再訪

③和食レストラン

④タピオカミルクティー

⑤お気に入りのものの写真を撮る

この5つだけでした。

期間も、これまでで一番短い3日間だけでした。

 

まずはパーティーですが。

パーティーとか、人がたくさん集まるイベントは苦手なのですが、せっかくドイツに来ているんだし、ドイツ人のパーティーに参加する機会も、これを逃したらないだろうな、ということで参加してみました。

とりあえず、貴重な体験だったかな、と思います。

なので、嫌がる私を誘ってくれた友だちに感謝します。

 

そして、2つ目のベルリンの壁再訪。

ベルリンの壁は、初めてベルリンに行ったときにも訪れたのですが、寒い雨の日で、友だちともうまくコミュニケーションが取れず、あまり良い思い出がないので、思い出を塗り替えるためにも行きたかったのです。

 

reisenundjedentag.hatenablog.com

 

今回は運よく晴れてくれました。

f:id:reisenundjedentag:20170320222713j:plain

f:id:reisenundjedentag:20170320222833j:plain

いたずら書きをしてはいけないところには、こんな風に柵がかかっています。

そうでないと、こうなってしまいます。

f:id:reisenundjedentag:20170320222951j:plain

 

私のお気に入りはこれです。

f:id:reisenundjedentag:20170320223216j:plain

 以前NHKの番組で見たことがある気がします。

このレトロな車がかわいくて好きです。

 

最後に、友だちがここからも撮ったほうがいいというので撮った写真も出しておきます。

f:id:reisenundjedentag:20170320223423j:plain

雲が低いですね。

この日、雨は降っていませんでしたが、風が強くて何度も飛ばされそうになりました。