読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅の話と日々のこと

2016年8月末からドイツに語学留学中

ドイツ生活196日目 

B1-2の2週間目が終わりました。

終わりました、と書きましたが、実は今日は授業を受けてません。

今週は久しぶりに週5日間全部授業を受けようとはりきっていたのですが、睡眠不足がたたり、たぶん今日授業に出ても集中力が続かないだろうな、と思い、自分の部屋で勉強をすることにしました。

 

初めて授業を休んだ日は、夕方になるまで全く勉強しなかったのですが、今日は授業を受けているのと同じ時間に、おそらく今日授業で扱うだろうページを勉強しました。

なので、休んだとはいえ、あんまり休んだ感じがしないです(笑)

というのは言い過ぎかもしれませんが。

 

今週からまた新しい学生が来ました。

アメリカから来た大学生が2人です。

1人はアメリカ人なんですけど、もう1人はアメリカ在住のベネズエラ人です。

ベネズエラ人がどんな外見なのかよくわからないですけど、この新しいクラスメイトは見た目がドイツ人なので、おそらく家族にドイツ人がいるのだと思います。

この2人、ドイツ語がペラペラで、文法の知識だけでなんとか授業についていっている私にはかなりのプレッシャーです。

こんなにペラペラなら上のクラスに行けばいいのに、と思うのですが、文法の知識は私と変わらないからこのクラスにいるんだと思います。

あと2週間でB1が終わってしまうなんて信じられません。

2週間よく考えて、このままB2に進むのか、B1を復習するのか決めなければいけません。

居候生活

12月までは学校の寮で暮らしていましたが、1月からはドイツの普通の家で部屋を借りて暮らしています。

ドイツではよくあるWGというものかと思っていたのですが、WGというより、食事なしのホームステイという気がします。

といっても、WGとホームステイの大きな違いは分からないですけど。

学校紹介の部屋に住んでいる人たちは、その住居のことを、WGと言ったり、Gästfamilieと言ったりしてます。

私が暮らしているところは、私の母親と同世代の人が1人で暮らしているので、余計にホームステイ感が出てます。部屋主さんがホストマザーという感じです。

 

先月ブログにも、居候生活が疲れる、と書きましたが、本当にそうなんです。

部屋主さんはフルタイムで仕事をしていて、プライベートも充実しているタイプなので、朝ちょっと会って、夜もちょっと挨拶をするくらいしか会わないです。

食事は自分で準備するし、洗濯も自分でやるし、掃除は掃除のおばさん?にお願いしているので、部屋主さんと交流することはほぼないです。

とはいえ、一緒に暮らしているわけなので、お互いに気を遣うわけですよ。

 

でも実は今、部屋主さんが旅行に出ていて、明後日まで一人暮らしなんです!

一人暮らしは本当に快適。

1人だったらもっと長くドイツで暮らしていてもいいのになー

その前にもうお金が限界ですけど。

 

部屋主さんがいなかったので、ベジタリアンの部屋主さんがいると気を遣ってあまり食べないでいたジャンクフードや肉をがつがつ食べました。

でも数日食べた後、そんなに肉は食べなくてもいいかな、と、結局以前の食生活に戻りました。

ベジタリアンボロネーゼ、おいしいんですよ。

食生活については、今度また書こうと思います。

 

それにしても、部屋主さんが旅行に出る前は、いろいろと書きたいことがあったはずなんですが、1人で暮らしてみると、そんなに気にしなくてもいいんじゃないかな、と思えるようになりました。

のんきなO型っぷりがここで発揮されてます(笑)

明後日には帰ってきてしまうので、気楽な生活は明日で終わってしまいますが、別に悪い人ではないですし、むしろいい人ですし、そんなにストレスを貯めこまずに残りのドイツ生活を過ごしたいです。

三度目のベルリン⑥ 

4日目はまだ続きます。

台湾ドリンクスタンドのある通りを観光。

まずはハッケンシャーホーフへ。

おしゃれな雑貨のお店が並んでます。

でも、ハッケンシャーホーフでは写真を撮っていませんでした(汗)

今までごみごみして汚いという印象のベルリンしか見てこなかったので、ハッケンシャーホーフはそれまでのベルリンの印象をがらりと変えました。

れいで落ち着いていて、ベルリンがみんなこんな感じだったら住んでみたいんだけどなーなんて思いました。

 

とはいえ、やっぱりベルリンのイメージはこんな感じです。

f:id:reisenundjedentag:20170307053937j:plain

たしかこういうのも、同じ通りの一本入ったところだったと思います。

f:id:reisenundjedentag:20170307054009j:plain

f:id:reisenundjedentag:20170307054041j:plain

個人的には、古い建物がきれいに保たれている街並みのほうが好きです。

こういうGraffitiもベルリンの魅力ではあると思うんですけどね。

 

この後友だちの買い物に付き合い、4日目を終えました。

そして5日目は帰るだけだったので、三度目のベルリン旅行記はこれで終了です。

 

引っ越して以来初めて街を出たのですが、最近精神的に参っていたこともあり、このベルリン旅行はよい気分転換になりました。

三度目のベルリン⑤ やっぱりアジアな一日

4日目のお昼ごはんはベトナム料理を食べました。

韓国料理、ラーメン、そしてベトナム料理。

ヨーロッパだけど、アジア料理ばかり食べてます(笑)

 

この日行ったお店は、大通りから入ったところにあって、まさかここにお店があるとは思いませんでした。

目立たないところにある名店でした。

値段も高くなく、雰囲気もとってもよかったです!

細かいところまでベトナムらしさにこだわる店内!

でも、お客さんが結構いたので、店内の写真は撮ってません。

メニューを見てもよく分からなかったので、友だちが前に食べたことがあっておススメというものを注文しました。

f:id:reisenundjedentag:20170303012044j:plain

チキンライス?でも、チキンか豆腐を選べます。

豆腐って美味しいのでしょうか?

ベジタリアンの多いベルリンメニュー?

上の写真はパクチーが載っていますが、私はパクチーが苦手なので、パクチー抜きでお願いしました。

f:id:reisenundjedentag:20170303012135j:plain

日本でベトナム料理を食べると、フォーか生春巻きしか食べてませんでしたが、こういうのもあるんですね。

食べ物の写真しかないのが本当に残念なのですが、ここのお店は本当に素敵でした。

ベルリンのような大都市にいると、お店の選択肢も多いんだろうなぁなんて思いました。

 

この後、台湾ドリンクスタンドへ。

10月にベルリンに来た時からずっと行きたいと思っていたんですが、毎回寒くて飲む気になれず、お店もなかなか見つからず、ドイツに来て半年がたってようやく夢がかないました!

f:id:reisenundjedentag:20170303014236j:plain

私が注文したのは、右のパッションフルーツティー。

左は友だちが注文した、煎茶タピオカミルクティー。

煎茶タピオカミルクティーって、日本じゃ絶対流行らない(笑)

久しぶりの台湾なアイスティー、幸せでした。

このお店は次回も絶対行きます!次回は王道のタピオカミルクティーで!

三度目のベルリン④ 博物館島を散歩

3日目は特に何もしていないので、4日目。

博物館島に行ってきました。

f:id:reisenundjedentag:20170303010018j:plain

f:id:reisenundjedentag:20170303010124j:plain

これまでごちゃごちゃとしたベルリンばかり見ていたので、ここは落ち着いていてよかったです。

f:id:reisenundjedentag:20170303010227j:plain

でも実は、博物館には入らず、建物を見ただけでした。

なかなかの値段なので、とりあえず入ってみようかな、で入る気にはなれませんでした。

あらかじめどんなものが保存されているのかきちんと調べていけば楽しめるかな、と思います。

この写真では伝わらないかと思いますが、天気も良かったので、博物館島を歩いているだけで楽しかったです。

三度目のベルリン③ ヨーロッパなのにアジアにいる気分

ベルリン2日目は、ヨーロッパに旅行で来たアジア人があえて行く必要はないかな、というお店に行きました。

 

今住んでいる街に売っているアジア食材は種類も少なくて高い!と言ったら、友だちがベルリンで1番大きいというアジア製品の市場に連れて行ってくれました。

f:id:reisenundjedentag:20170303003236j:plain

この周辺、夜には近づきたくないなぁと思いました。

f:id:reisenundjedentag:20170303003324j:plain

こういう倉庫がたくさんあって、この中が市場になっています。

f:id:reisenundjedentag:20170303003418j:plain

洋服が売っていたり、がらくたが売っていたり、食品が売っていたり、美容院があったり、レストランがあったり。

一歩中に入ると、あれ?ここはアジアだったかな?結構ヨーロッパからの観光客が多いんだなぁ、という雰囲気でした。

ヨーロッパにいることを忘れてしまう場所でした。 

 

でも、アジア食材がほしいとは言ったけど、こんな大規模なものは求めてなかったです(汗)

多すぎて選べず、何度か行ったことのあるアレクサンダープラッツにあるアジアンマーケットで買いました(笑)

 

このあと、ベルリンに行ったら食べたいと思っていたラーメンを食べに行きました。

f:id:reisenundjedentag:20170303004750j:plain

メニューがドイツなのに英語だけで混乱したのか、なぜか担々麵を注文してました(笑)

作っている人は全員日本人でしたが、日本で食べたことのある担々麺とも違う気がしますね…

三度目のベルリン② ベルリンで食べるカジュアル韓国料理

1日目は夜の8時過ぎにベルリンに到着しました。

友だちと無事に再会し、そのまま夕食へ。

アレクサンダープラッツにある韓国料理のお店で食べました。

でも、さすがベルリン、韓国料理のお店なのに、全然韓国料理のお店っぽくなかったです。

ちょっとかわいいカフェのようなお店。

残念ながら写真は撮ってないですが。

となると出てくる料理も韓国料理とはちょっと違う怪しいかもしれないと思ったら、これはこれで美味しかったです。

f:id:reisenundjedentag:20170303002701j:plain

f:id:reisenundjedentag:20170303002819j:plain

でも、そこまで期待するほどのものではないですからね(笑)

ただ、ドイツに来て以来初めて食べる韓国料理、コチュジャンも美味しかったです。