読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅の話と日々のこと

2016年8月末からドイツに語学留学中

台湾女子一人旅 3日目 台北市内から桃園空港へ

ホテルで荷物を受け取り、いよいよ空港へ。

 

7回目にして今回初めて新幹線で空港へ向かいます。

これまで新幹線というと、中部や南部に行くのに使ったことはあるけど、空港までという短距離で使うのは初めて。

 

バスに比べると割高ですが、バスの揺れは苦手という人は、こちらのほうがおすすめです。

割高といっても、驚くほど高いというわけではないですから。

ただ、2016年5月現在は、これが一番乗り物酔いを避けられる方法ですが、もうそろそろ空港まで行くMRTの路線ができるはずです!

当初の予定では今年の3月には使えるようになるはずだったんですけどね。

次に台湾に行く1年後にはさすがに使えるようになっているだろうと期待してます(笑)

 

で、新幹線での空港ルートですが。

新幹線(高鉄)の台北駅からまず桃園駅へ。

ここ、カード使えます(笑)

新幹線の中は日本と変わらないです。

台中、台南、高雄に行くときは全然気にしてなかったですけど、桃園駅、思ったより離れてました。

今回台北市内をうろうろしただけだったので、台北を離れた台湾の風景をのんびり(乗り物酔いすることなく)見ることができたのはよかったです。

 

高鉄桃園駅からはバスで空港へ。

改札を出て左側に行くと、バス停があります。

カードは使えなかったけど、悠遊卡が使えました。ありがたい。

新幹線の駅は近代的なんですが、バスはかなりローカルでした。

行きもそうでしたが、帰りも日本人を含め、全然外国人を見かけない…

一体外国人はどういったルートを使って市内へ行くんですかね?

一番本数の多い国光客運のバス?

 

桃園空港まではここからバスで15分程度で着きました。

新幹線155元+バス30元でした。

行きが90元だったので、倍の値段かかってますが、それぞれ楽しめたのでよかったです。

 

 

行きは空港であわてることになったので、今回は時間に余裕を持っての空港到着でした。