読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅の話と日々のこと

2016年8月末からドイツに留学中

高野山女子一人旅 外国人観光客と無計画な私

2016年5月高野山

ケーブルカーの終点駅からはバスで町まで移動します。

 

実は私、着いたらなんとかなるだろう、とこの後のことは何も考えずに来ました(汗)

でも、外国人観光客の皆さん、すでに一日乗り放題乗車券をもって、自分たちが乗るバスについてバスの運転手さんたちに積極的に尋ねてます。

 

私も!と、バスの運転手さんに話しかけてみました。

「とりあえずどこに行けばよいでしょうか?」

と、無計画ぶりを表す質問を(汗)

親切な運転手さんに、とりあえず終点まで乗って行くように勧められ、実はそこが私が泊まるゲストハウスの最寄り駅もあるので、そこへ行くことに。

すでに山道を抜けてきたのに、さらに山の中へと進んでいきます。

 

そしてバス停にたどり着くたびに、外国人の皆さんは、自分が下りるバス停を聞き逃さずに降りていきました。

みなさん、本当にしっかりしていらっしゃる!

私、海外ではどこで降りるか不安なので、できるだけバスは使わないのに!

 

そしてバスは無事終点にたどり着き、私はそこから徒歩で、この日泊まるゲストハウスへ。

高野山といえば、宿坊に泊まる、というのが一般的なのですが、私はあえてのゲストハウスです。

このゲストハウスを高野山を紹介する本で見つけ、その後ネットでさらに調べてみて、ここに泊まってみたい!という気持ちが高まり、宿坊なら高野山以外にもあるけど、このゲストハウスはここ以外にはない!という結論に達したのでした。

 

そしてこのゲストハウス、不思議なところでした。

一歩入って声をかけてきたのは、お客さんかと思いきや外国人スタッフ。

そして私の後にやってきたお客さんも外国人。

後に、このゲストハウスにこの日泊まるのは私以外全員外国人であることが判明。

日本の山奥で、宿泊客は私以外全員外国人。ゲストハウスのスタッフまで外国人。

面白い!

 

koyasanguesthouse.com

こちらのゲストハウスです。興味のある方はぜひ。

 

今までの旅行で、宿泊先探しはほぼホテル予約サイトからでしたが、今回のように、ホテル予約サイトには紹介されていないすてきな宿もあるんですね。

今後の宿泊先探しの選択肢が広がりました。

自分好みに編集された本から探す、という方法もありですね。

 

 

高野山への旅: 南海電車「天空」で行く

新品価格
¥1,728から
(2016/5/27 09:21時点)