読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅の話と日々のこと

2016年8月末からドイツに留学中

広島・岡山女子一人旅 原爆ドームと平和への祈り

2016年7月広島

タイトルがありきたりになってしまいましたが、本当にそうでした。

 

広島アンデルセンで朝食を食べた後は、小雨が降る中、原爆ドームへと向かいました。

広島アンデルセンからは歩いて行けます。

 

1日目に路面電車の車窓から見てはいましたが、本物はそれとは全く違っていました。

f:id:reisenundjedentag:20160722084634j:plain

f:id:reisenundjedentag:20160722084735j:plain

ちょうど原爆ドームに近づいた時だけ、雨が強くなりました。

なんだかそれが象徴的でした。

71年前、ここ広島で起こったことに思いを馳せました。

 

f:id:reisenundjedentag:20160722085154j:plain

f:id:reisenundjedentag:20160722085238j:plain

当初の予定では、原爆ドームと公園だけ見て帰る予定だったのですが、もっと広島で起こったことを心に留めておきたいと思い、広島平和記念資料館にも行くことにしました。

行ってよかったです。

当時の米軍の残虐さを感じ、身の毛がよだちました。

広島にこれだけのことをした後、長崎にも同じことをしたんですよね。

そしてアメリカにはいまだに、原爆肯定派がいるんですよね。

信じられない…

平和への思いがまた一層強くなりました。

アメリカについても、原子力についても、もっといろいろ思うところはありますが、ここではただ、平和への祈りだけをささげておきます。

f:id:reisenundjedentag:20160722085910j:plain

そして、こんな残虐なことをした国の現職大統領がこの広島を訪問したって、本当にすごいことですね。

原爆を投下した国の国民と日本人はもちろん、他の国のたくさんの人々に広島を見てもらいたいです。