旅の話と日々のこと

2017年4月までドイツに語学留学してました。

ドイツ生活48日目 みんなそれぞれ問題を抱えている

f:id:reisenundjedentag:20161013201302j:plain

フィンランド人のペンパルから来た手紙に入ってました。

下に小さく日本語で「頑張れ!」と書いてあって、近頃ネガティブな私の心を和ませてくれました。

 

ここ数日ネガティブなことばかり書いているドイツ語ですが。

昨日ブログを書いた後、whatsappを通して仲良くしているドイツ人に、私の発音を聞いてもらいました。

そして先生と同じことを言うんですよね。

彼は先生ではないので、直りそうにない私の発音の矯正は早々にあきらめました(泣)

午後はずっと学校からいただいたテキスト付属のCDをつけっぱなしにしていたため、少しずつ耳が慣れてきた気がします。

 

そして冷静になって授業を見ていると。

よく発言するイタリア人は文法でつまづいているし、イギリス人はみんなと同じところで笑っているように見えて、授業の後に毎回宿題はどこなのか、先生もしくは他の人に確認しているんですよね。

そしてみんな、定冠詞(英語でいうところのtheが、ドイツ語の場合は名詞によって3種類に分かれる)について適当すぎる(笑)

みんながみんな、余裕で100%理解できているわけではないんですよね。

もしそうだったらチェコのおじさんのように、さっさと上のクラスに移動します。

 

なので、私もまずは耳を鍛えて、発音はコツコツと。

私ばかり、と感じてしまいがちですが、他の人の発音もだいぶ実際のドイツ語と違ってるし、絶対あれ違うのに、なんで注意されないんだろうって聞くたびに思います。

直してもらえるだけありがたいと思うことにします。

あと1日授業を受けたら、今週も終了です!