旅の話と日々のこと

2017年4月までドイツに語学留学してました。

ドイツ生活54日目 クラス間格差

さて8週間目の授業も半分終わりました。

今週から新しいクラスメイトが加わりました。

新しいといっても、もともと1番下のクラスで勉強していた子が、このクラスに上がってきたのでした。

3週間前に見かけたときは、ずっと英語で話していたのに、今はこのクラスでもできる子の位置にいます。

ちなみに、フィンランド人。

来週からは、さらにもう1つ下のクラスができるので、私たちもいつまでも、まだ学び始めたばかり、という気持ちでいてはいけませんね。

 

しかしですね。

今日はなかなかひどかった。

そういう時はいつも、上のクラスに行きたい、と思います。

イギリス人、わからなすぎてキレて先生に英語で質問しはじめ、先生も仕方なく英語で説明してました。

ここでドイツ語しかダメということを強調しても、彼はさらにイライラするだけだったので、絶対に良くないけどそうするしかなかったんでしょうね。

授業に半分しか来ないボリビア人も、質問には英語で答えようとするし。

フィンランド人が親切にも、休み時間にイギリス人とロシア人に英語で文法について教えてあげてました。

 

正直私は、このメンバーで来週も一緒に頑張ろう、なんて連帯感は持ってません。

だから、一緒に頑張ろうよ、と英語で教えてあげるつもりはありませんし、私がわかってないときに英語で教えてほしいとも思ってません。

もうそろそろ授業で英語を使うのは卒業したほうがよいかと思います。

どうしてもついていけないなら、下のクラスに行くという決断力も持ってほしいな、と思います。

 

なんて書いておいて、明日になったら私が全然聞き取れなくてネガティブになっている可能性もありますけどね(笑)