読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅の話と日々のこと

2016年8月末からドイツに語学留学中

ドイツ生活63日目 先生の質って大事!

9週間目が終わりましたが、先生は結局戻ってきませんでした。

事務の方が代わりに授業をしてくださいましたが、専門は事務なので、授業としてはだいぶ残念な感じでした。

今週新しく来たハンガリーのおじさんは、ハンガリーでは学校の先生をされているそうなんですが、そんな本職の先生から見ても、よくないと評価されてます。

来週こそは先生が戻ってきますように!

そうでなければ事務の人ではなく、専門の人をちゃんと雇ってほしい…

 

1週間目から一緒だったイギリス人のおじさんは仕事が決まったそうで、予定通り12週間でこの学校を去るそうです。

ついに最初から一緒にいた人がいなくなってしまいますが、今いるクラスメイトはほとんど12月まで続けるので、安定したこのメンバーで頑張ろうと思います。

はい、これまでなんやかんや文句を言ってきましたが、今回の先生来ない事件で結束が強くなった気がします。

私たちの片言ドイツ語では、会話もままならないのですが、12月後半にはA2も終わりに近づくわけですし、そのころには今より中身のある話ができるようになっているはずです。

なってなかったら大問題(汗)

 

f:id:reisenundjedentag:20161028202601j:plain

こちら数日前に行った、お気に入りのカフェのケーキ。

片言ドイツ語だったため、親切にも英語で対応してくれました…

今はそれ、あんまりうれしくない(泣)

次に行くのは、ドイツ語のみで接客してもらえる時!

たぶん、担当の方によってだとは思うんですけどね。

前回も片言ドイツ語だったけど、店員さんは英語を出してこなかったので。

 

※2日前に書いた記事の何日目カウントの数字が間違っていたので、修正しました。