読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅の話と日々のこと

2016年8月末からドイツに留学中

プリペイドSIMのリチャージ

2016年11月ドイツ

こんにちは。

この週末は天気も悪く、寒いのでスーパー数件に買い物に行った以外は部屋で過ごしてました。

クリスマスマーケットが始まるまでは充電期間です(笑)

 

すでに数日前のことになるのですが、勉強になったのでここに書いておきます。

今回のドイツ留学において、携帯は日本でSIMフリーのものを買って、SIMを入れ替えて使ってます。

 

reisenundjedentag.hatenablog.com

このSIM、1ヶ月毎にリチャージの必要があります。

最初は購入後1ヶ月が経ったとき、ショートメールが届きました。

ドイツ語で書かれていて、なにがなんだかさっぱり分からなかったですけど、おそらくそういうことなんだろうな、と。

でもちょうどベルリン旅行に行くときだったので、とりあえず後回しで、とそのままにしていたら、次の日にまた、まだお金払ってないですね、という感じのメールが届きました。

ベルリンにて、私がプリペイドSIMを買ったのと同じお店を見つけたので、そこでリチャージしました。

その時は何の問題もなくリチャージできたので、今回も簡単に考えていました。

 

2回目のリチャージは、SIMを買った近所のお店で行いました。

が、なんか、前回と違う…

前回はお金を払ってしばらくしたら、ありがとうございます、というメールが届いたのに、今回は次の日にまた、お金払ってないですよ、のメールが来ただけ…

これはおかしい、と思って、受け取ったレシートと、前回ベルリンで購入した時のレシートをよく見ると、どうやら違うSIMのリチャージを購入してしまっていたようでした!

ちょっとお兄さん!とイラッとしたけど、よく考えたらお兄さんはちゃんと、本当にこれで大丈夫?と確認したのに、私が安易に、大丈夫って言ってしまったのでした…

ボーダフォン電波が出ていても、リチャージの会社は違う場合もあるんですね(泣)

泣く泣くこの時に購入したリチャージ分15ユーロは、レッスン代になりました。

 

恥ずかしかったので、結局市内にある別のお店に、今度は購入時のパッケージを持って行ってリチャージしました。

なので、今度は間違いなくリチャージでき、無事ありがとうざいますのメールが届きました。

次回もまだ、その方法を使ったほうがよさそうですね。

おそらくオンラインでも登録できると思うのですが、きっとカード決済になると思うんですよね。

でも、カードでは払いたくないので、次回もお店で。

最後に行ったお店では、ほぼドイツ語で対応できたので、私のドイツ語の上達ぶりも1ヶ月ごとに確認できますね(笑)