読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅の話と日々のこと

2017年4月までドイツに語学留学してました。

油断禁物ドイツ鉄道

先週の週末も日帰り旅行へ行ってきました。

ドイツ三大クリスマスマーケットの1つであるStuttgartのクリスマスマーケットへ行こうと、1ヶ月前から楽しみにしていたのですが、久しぶりにドイツ鉄道にしてやられました。

ここ1ヶ月ドイツ鉄道との間でトラブルはなかったので、油断してました。

 

時間を追って書いていこうかと。

 

7時59分

レーゲンスブルクを出発。

電車が出発した後、帰りの電車の時間を再度確認するためドイツ鉄道のサイトを見ていたらなんと、Stuttgartから帰ってくる電車が全てこんな感じになってました。

 f:id:reisenundjedentag:20161127200106p:plain

そうはいってもまだ時間があるし、また変わるかもしれない、と期待しないわけでもなかったですが、Stuttgartはとても遠い。片道4時間。

無事帰って来られるかわからない状態で行くのは非常に不安…

ということで、あわてて別の行き先を検索し始めました。

乗り換えができそうなIngolstadtという駅に着くまでの間に、行先をFüssen(フュッセン)とWürzburg(ヴュルツブルク)の2つに絞りました。

フュッセンだったら次の電車にすぐ乗れるけど、ヴュルツブルクだと1時間待たないといけない…

だったらすぐに乗れるほうで!ということで、フュッセン方面、アウグスブルク行きの電車に乗りました。

 

9時11分

アウグスブルク行きの電車に乗った後、フュッセンから戻ってくる電車を調べていると、なんとレーゲンスブルクまで4時間かかる!

そして乗り換えのミュンヘンが複雑そう…

というわけでここでまた予定変更、やっぱりヴュルツブルクへ行くことに。

 

10時28分

アウグスブルクから再びヴュルツブルク方面へ向かう電車に乗り換え。

トロイヒトリンゲン(Treuchtlingen)というところでヴュルツブルク行きの電車に乗り換えです。

午前中だけで電車4つです。

 

13時18分

レーゲンスブルクを出発して約5時間半。

乗り換えがうまくいけば2時間半かからずに着く場所へようやく到着しました。

 

途中、ドイツ鉄道のせいではない、ただの私の優柔不断も入って余計に時間がかかってますが(汗)、本当に長い半日でした。

そしてこの長い旅の後でたどり着いたヴュルツブルクがどうだったかについては、また次の記事で書きます。