読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅の話と日々のこと

2017年4月までドイツに語学留学してました。

ベルリンでの年越し

12月31日、友だちとテレビを見ていると、外から爆発音がたくさん聞こえてきました。

何事!?と私がびっくりしていると、友だちは冷静に、「普通だよ」と言ってます。

日本の大晦日は、街中から爆発音が聞こえませんからね…

 

夜9時頃、友だちの友だちの家に移動しました。

友だちはドイツ人ですが、友だちの友だちは日本人です。

みんなでビールを飲みながら、年越しそばを食べました。

ドイツに来て食べる年越しそばというのも、貴重な経験ですね。

 

そして12時前に、みんなで花火を持って外に出ました。

私はそれまで、どうして7時間の大移動した日の夜に、外に出て花火をしないといけないのか、とグダグダ言っていたのですが、これは外に出て正解でした。

 

ベルリンの年越しというと、ブランデンブルク門の花火が有名なのですが、それ以外にも、誰もが街中で花火を打ち上げているんです。

写真を載せられるとよかったのですが、あんまりきれいに撮れなかったので、youtubeとかで探してみてください(笑)

 

日本の年越しとは全然違ってました。

とにかくやかましい!

これが毎年だったら大変ですが、私にとっては初めての海外での年越しだったこともあり、とても印象的でした。

ベルリンの友だちと出会えて、本当によかったです。

そうでなければ、真夜中のベルリンで花火をすることなんてなかったと思います。

友だちには、ぐだぐだ文句言ってごめんね、と謝っておきました(笑)

 

花火はいつまで経っても終わりそうにないので、とりあえず私たちは、中に戻ることにしました。

再びビールを飲んで、お餅を食べて、おしゃべりを楽しんだ後、友だちの家に戻ることに。

 

f:id:reisenundjedentag:20170105231541j:plain

花火の後のベルリン。

これはひどい(笑)