読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅の話と日々のこと

2016年8月末からドイツに留学中

南ドイツでの寮暮らし

2016年12月ドイツ

新しい街の話をする前に、いくつか南ドイツの感想を書いておきます。

 

まずは、寮暮らしのこと。

南ドイツでは、学校に併設された寮で暮らしていました。

以前も書きましたが、寮の部屋は、キッチン・バス・トイレを3人で共有し、そこに個室が3つありました。

f:id:reisenundjedentag:20170115005205j:plain

これは、入寮したときに撮った写真です。

2人部屋としても使えるようになっていて、私の部屋にはベッドが2つありました。

外に出ることなく直接教室に行けるし、立地も市の中心部で生活はとっても楽でした。

 

ただ、最後の1ヶ月は寮での生活が嫌で仕方ありませんでした。

以前こんなブログを書きましたが。

 

reisenundjedentag.hatenablog.com

 

reisenundjedentag.hatenablog.com

 

ブログでは、言えばわかってくれた、と書きましたが、そんなことはありませんでした。

お友達を呼んでわいわい騒ぐことはなくなりましたが、夜中に大声で電話するし、キッチンの使い方がとにかく汚い!

そして、禁止されているのに、キッチンでこっそりタバコも吸ってました。

1ヶ月だけだし、注意するのも面倒だったので、もう何も言いませんでした。

でも、それまで食事はキッチンで取ってましたが、あまりにも汚かったので、キッチンでは食べるどころか料理をするのさえ嫌になりました。

なので、最後の1ヶ月は食事は自分の部屋で取り、キッチンもできるだけ使わずに済むように、まとめて作って温めて食べてました。

 

世の中にはいろんな人がいるから、共同生活をするなら細かいことを気にせずに暮らせないといけない、とわかってはいるのですが、もし今後海外で暮らすなら、こういう共同生活はもう無理かな、と思いました。

 

私の部屋はこういう風になってますが、この学校には、バス・トイレは個人の部屋にあってキッチンだけ共有タイプと、少ないですがバス・トイレ・キッチン全てついた部屋もあります。

予算に合わせて選ぶのがよいかと思います。