読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅の話と日々のこと

2017年4月までドイツに語学留学してました。

帰国便の出発場所を変更

北ドイツでの生活が始まり、最初の数日は毎日ぐったりでしたが、少し余裕ができてきた週の後半に、前から変更しないと、と思ってた帰国便の変更をしました。

 

ドイツに来るにあたり、エティハド航空のサイトで、復路変更可能のミュンヘン行き往復航空券を購入しました。

この航空券ですが、復路の日付はオンラインで変更できるのですが、出発場所の変更はオンラインではできません。

このままだとミュンヘンからの帰国になってしまうため、北ドイツに引っ越した今、ちょっと不便だったのです。

 

南ドイツにいたころから、エティハド航空に電話で問い合わせしていたのですが、ガイダンスに従っていくと、最後は「変更は全てオンラインでお願いします、ありがとうございました」で電話が切れてしまっていたんです。

その時は面倒になってそのままにしていたのですが、このままだと帰国便のためにまたミュンヘンへ行かないといけません。

元気が出てきたこともあり、再チャレンジすることにしました。

 

前回と電話の操作を少し変えた結果、「それでも直接話したい方は、このままお待ちください」につながりました!

待っている時に流れている音楽が、5か月前、エティハド航空の飛行機に搭乗する時に流れていた曲でした。

たまたま選んだ中東の航空会社ですが、この音楽だけで中東を旅した気分になりますね(笑)

 

そして、結果的に出発地を変更はできたのですが、変更手数料(117ユーロ)がかかりました…

でも、ミュンヘンまでまた移動する手間を考えると、仕方ないかな、とあきらめて素直に支払うことにしました。

 

こういう手続きのことを考えると、引っ越しも考え物です。

私の場合、途中で変更してしまったのがよくなかったんですけどね。

 

f:id:reisenundjedentag:20170124232924j:plain

懐かしのアブダビ空港。

復路は往路より短いのがありがたいですね。