読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅の話と日々のこと

2017年4月までドイツに語学留学してました。

オランダに行ってきた② ミッフィーミュージアム

今回のオランダ旅行で行ったのは、首都アムステルダムではなく、オランダ第4の都市ユトレヒト

ユトレヒトといえば、オランダが生んだ人気のキャラクター・ミッフィーの作者ディック・ブルーナさんの故郷です。

 

reisenundjedentag.hatenablog.com

 

到着したユトレヒトの駅は、思いのほか大きく、そして近代的で、ディック・ブルーナさんはシティボーイだったんだなぁというのが最初の感想です(笑)

f:id:reisenundjedentag:20170312184707j:plain

ドイツでこんな近代的な駅、ベルリン中央駅しか見たことがないです!

なので、ユトレヒトはベルリン規模の街なのか!?と思ってしまいましたが、後で調べたところ、人口はベルリンの10分の1でした(笑)

駅はすごく近代的でびっくりしましたが、街を歩くとベルリンに比べたらずっとこじんまりしていました。

 

ドイツと違ってスマホが使えないため、ツーリストインフォメーションで聞くことにしました。

ツーリストインフォメーションは大聖堂のすぐそばにあるので、大聖堂を目指して歩けばたどり着けると思います。

 

今回唯一行きたかったのはここ。

f:id:reisenundjedentag:20170312185531j:plain

ミッフィーミュージアムです。

このミュージアムの向かいに中央博物館があって、そちらでチケットを買います。

4ユーロでした。

中央博物館でディック・ブルーナのアトリエが展示されていて、それを合わせると12ユーロと言われましたが、今の私に2桁のものを購入する余裕はありません(泣)

結構すぐに後悔しましたが、お金がないので仕方ありません・・・

そんなミッフィーミュージアムですが。

f:id:reisenundjedentag:20170312190003j:plain

f:id:reisenundjedentag:20170312190102j:plain

f:id:reisenundjedentag:20170312190148j:plain

人が入らないように注意して写真を撮りましたが、オランダのちびっ子たちがたくさんうろうろしてました。

大人だけで来ているのは日本人だけでした(笑)

f:id:reisenundjedentag:20170312190348j:plain

案内も、オランダ語・英語・日本語の3か国語表示。

ミッフィーは本当に日本人に大人気なんですね!

1人でここまで来てしまう私も、人のことは言えませんが(笑)