読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅の話と日々のこと

2017年4月までドイツに語学留学してました。

4度目のベルリン③ 不完全燃焼の食事

今回は友だちの希望で、日本食レストランでお昼を食べました。

でも、私は正直そんなに好きではなかったです・・・

お店は広々していて、インテリアも使われている食器も素敵だったのに、接客がとっても残念でした。

お店に入っても、暇そうに作業している店員さんは、「いらっしゃいませ」もなければ、席に案内するわけでもなく。

仕方ないので勝手に席についても全然メニューを持ってきてくれないので、自分でメニューを取りに行かなければいけないのかと思いました。

暇そうにしているほうではない、奥にいた店員さんがだいぶ経ってから持ってきてくれました。

ホールに出ている店員さんは2人いて、途中から出てきたその人は比較的動いてましたけど、もう1人はお客のほうがその人のところまで行かないと、何もしてくれませんでした。

日本的接客に慣れているから、といってしまえばそれまでですが、ドイツ人のお客さんも混乱しているように見えました。

もしかして、お店の人は日本人ではないのかも?と思ったのですが、友だちが言うには、日本語で話していた、とのことでした。

日本料理のレストランを名乗るなら、もう少しましな接客をしてほしい・・・

チップが必要なタイプのお店だとしたら、絶対払いたくないお店です。

食べ物は美味しかったですよ。

美味しいというか、普通ですかね。

 

気を取り直して、前回ベルリンで見つけて、また絶対ここに行く!と思っていた台湾ドリンクスタンド。

f:id:reisenundjedentag:20170320224433j:plain

やってなかった・・・

本当に、これだけのためにベルリンに来たといってもよいくらいだったのに...

代わりに別のお店で買ったのですが、なぜか砂糖なしにされ、タピオカの量も少なく、全然美味しくなかったです。

来月別の街でリベンジします!