読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅の話と日々のこと

2016年8月末からドイツに語学留学中

ドイツ生活208日 もう我慢の限界を超えました

2017年3月ドイツ

先週、大変かもしれないけれどB2でがんばろうかな、と書きましたが。

 

reisenundjedentag.hatenablog.com

 

クラスのレベルが変わっても、先生は変わらないこの学校。

もう、この先生のクラスでやっていくのは限界です。

 

勉強不足とか、そういうレベルじゃないな、と思いました。

できる学生中心に進み、わからない学生は置いてきぼり。

そんな彼女のお気に入りは、自分の国ですでにB1を終え、復習のためにB1にいる学生。

 

そして最近目立つのが、差別発言の多さ。

知り合いと思われたくないから、街中で中東系の生徒に話しかけてこないでもらいたいとか、仮にもドイツでこれから暮らしていこうという真面目な中東系の学生を前にして言います?

あと、アジア人学生が気に食わないのか、アジア人を表すとき、差別的なジェスチャーをしてきます。

こういうことをする人が外国人に教えているなんて、そんな人を雇う学校への信頼も揺らいできます。

 

そんな今週、この3か月間溜めてきたものが一気にあふれ出てしまいました。

一度この先生を信頼できないと思ったら、もう無理なんですね。

授業の途中で完全にやる気を失ってしまい、休み時間になったら早退する旨を伝え、そのまま事務室に向かいました。

今のレベルのクラスが1クラスしかないのは分かっていたので、先生を変えてくれないかと交渉したのですが、それは無理ということで、1つ上のクラスに行くか1つ下のクラスにするか決めるように言われました。

1つ上のクラスの授業についていける気はしないので、残念ながらB2はあきらめるしかないようです。

B2で頑張っていこうと決意した後に、この決断は本当につらいです。

ももう、今週のごたごたの後、彼女とこれ以上頑張れる気がしません。

ありがたいことに、今週の彼女の授業は今日で終わりで、このままクラスを変えればもうこれ以上彼女の授業を受ける必要はありません。

来週からはのびのびと授業を受けようかと思います。