読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅の話と日々のこと

2016年8月末からドイツに語学留学中

NRW州巡りの旅 ケルン

ドイツ国内旅行

3ヶ月間NRW州で暮らしてきましたが、これまでミュンスター以外の街を訪れたことはありませんでした。

NRW州内の街にあんまり興味がなかった、というのが正直なところなのですが(汗)、せっかく住んでいるのにもったいない!ということで、この週末NRW州内の街を巡ってきました。

巡ってきました、といっても訪れたのは2ヶ所だけなんですけどね(汗)

 

バイエルンに住んでいたときは、バイエルン州内を巡るときに使える便利なバイエルンチケットというものがあったのですが、こちらにも似たようなチケットがあります。

その名も、Schöner Tag Ticket NRWです。

1人30ユーロでNRW州内一日有効です。

おそらくバイエルンチケット同様、人数が多ければ安くなると思います。

 

まずはこのチケットを使って、ケルンまで直行しました。

うっかり忘れていたのですが、NRW州は、ドイツにある連邦州の中で一番人口が多く、人口密度も一番高いんですよ。

たとえて言うなら、以前住んでいたバイエルンは北海道、NRWは東京23区、という感じです。

ちょっと違うかもしれないですけど、今回NRW州内を電車で旅してみて感じたのはまさにこれでした。

ミュンスターは州内の都市の中ではそこまで人口が多くないので、人口が多い州であることを忘れてました。

 

だから、電車内はかなり混みあってました。

ドイツでは、ローカル電車内にもトイレがあるのですが、トイレも大行列でした。

そして、ただでさえ人が多くてぐったりなのに、若者が大量のビールを持ち込んで、電車内で大音量で音楽を聴きながら大合唱...

これが2時間近く続き、ケルンに着くころには頭痛がしてました。

 

そしてたどり着いたケルンですが、大きな駅でした。

さすがドイツ第4の都市!

駅を出てすぐに有名な大聖堂がありました。

f:id:reisenundjedentag:20170402024741j:plain

大きすぎて写真に収まりません。

中も見てきましたが、かなり人が多いし、奥までは入れないように制限されていたりと、神聖な気持ちになるには制約が多すぎました。

これならレーゲンスブルクの大聖堂のほうがよかったです。

 

続いて有名な橋へ。

すでに電車で橋の上を通りましたが、外から見てもすごいです。

f:id:reisenundjedentag:20170402025235j:plain

大量の鍵。

こんなのもありました。

f:id:reisenundjedentag:20170402025342j:plain

橋を渡り切ったところで、橋と大聖堂を一緒に写真に収めてみました。

f:id:reisenundjedentag:20170402025522j:plain

下を流れる川は、ライン川です。

天気があまりよくないのが残念でした。

 

実はケルン、この2つ以外特に興味があるものがなかったため、1時間しかいませんでした(笑)

とにかく人が多くて疲れました。

ケルン以外もNRW州内は人口の多い都市がたくさんあるので、駅はどこも大混雑でした。