読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅の話と日々のこと

2017年4月までドイツに語学留学してました。

ロンドン旅行記 ハロッズと地下鉄とバブルティー

タイトルはこうしてみましたが、どれも全く写真に収めていないことが判明しました(汗)

 

なので、文章とリンクのみでまとめていきます。

 

ここまでずっと歩いて過ごしてきましたが、やっと地下鉄を使いました。

オイスターカードもこの時買いました。

ロンドンで数日過ごすなら、絶対オイスターカードを持っていたほうがいいです!

値段も安くなるし、乗り物に乗るのも楽になります。

ロンドン名物ダブルデッカーなんて、オイスターカードがないと乗れないそうですよ。

今回カードのデポジット5ポンドに、20ポンドをトップアップしました。

 

そんな地下鉄を乗り継いでたどり着いたのが、ロンドンの高級デパート・ハロッズです。

www.tripadvisor.jp

 

いろいろな見方があると思いますが、私には合わなかったです。

私、庶民の中の庶民なので。

スタッフの皆さんは、お金を持っていない庶民には全く興味がないというオーラを出していました。

中国系の店員さんが結構いて、あぁやっぱりここでも買うんだろうなぁなんて思いました。

建物は、大英帝国の威光を感じることができるすばらしいものでしたよ。

 

このあと、バブルティーを飲んだことないが友だちにバブルティーを体験してもらおうと、地下鉄でチャイナタウンに向かおうとしたのですが、地下鉄でトラブルが発生して、乗れず。

ようやく乗れるようになったと思ったら、東京の朝の通勤電車のような混み具合。

2回ほど見送りましたが、いつまで経っても人が減りそうにないので、あきらめて満員電車に乗りました。

ピカデリーラインだったのですが、ピカデリーラインの車体って、とっても小さいんです。

背が高い人がドア付近に乗り込んでしまうと、頭が飛び出していて、ドアが閉まりません(汗)

ロンドンでは背が高いと大変なんだなぁなんて思ったのでした。

 

ようやくたどり着いたチャイナタウンですが、バブルティーのお店が混み過ぎていたため、おそらくそこまで混んでいないと思われる、私が初日に行ったラッセルスクエアのお店に行くことに。

 

でもその途中、見たことがある名前のバブルティーのお店を発見。

f:id:reisenundjedentag:20170423202005j:plain

※この写真は台湾・桃園空港第2ターミナルのものです。

 

ラッキー!と思って入ってみたら、トッピングがプリンしかないと言われ、あきらめました。

f:id:reisenundjedentag:20170423202251j:plain

こちらも台湾で撮った写真ですが、トッピングがプリンしかないということは、ここに載っているメニューは全部なかったんだろうな…

 

ラッセルスクエアのお店は混んでいなかったので、店内で友だちとおしゃべりしながらのんびりさせていただきました。

 

お昼が重すぎてお互いまだ何も食べられそうになかったため、初日も行ったWaitroseで明日の朝ごはんを買って、友だちに宿まで送ってもらって2日目も無事終了しました。