読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅の話と日々のこと

2017年4月までドイツに語学留学してました。

ロンドン旅行記 Victoria & Albertと二度目のクリームティー

お昼を食べた後は、本日2つ目の博物館となるVictoria & Albert、通称V&Aに向かいました。

この日初めての地下鉄です。

 

地下鉄の駅を降りると、博物館方面行の地下通路があって、そこを歩いていくと、地下から直接博物館に入ることができました。

でも、そこの入り口はかなり地味なので、後で立派な建物を見たときびっくりしました。

f:id:reisenundjedentag:20170423210952j:plain

たぶん道の反対側に行けばもっとましな写真が撮れたかと思います(汗)

 

こちらは大英博物館に比べ、イギリス国内のものを楽しむことができました。

大英博物館が世界を支配したイギリスの力を見せつける博物館だとしたら、V&Aはそんなイギリス国内で暮らしていた貴族がどんなにぜいたくな暮らしをしていたのか見せつける場所?

ドイツもそうなんですけど、貴族の好むものは派手すぎて、私の趣味には合わないです。

私はもっとシンプルなものが好きです。

 

f:id:reisenundjedentag:20170423212234j:plain

f:id:reisenundjedentag:20170423212337j:plain

実は最初、まさかこんなに広いとは思わなかったため、ゆっくり見ていたら閉館時間に間に合わないことに気づき、途中からさらっと見るだけで終わってしまいました。

イギリス国内のものの展示はもちろん、東アジア、南アジア、中東のものの展示もあるので、次回ロンドンを訪れる際はもっと時間を取ろうかと思います。

 

この博物館内にはカフェがあって、2日目に食べてすっかり気に入ってしまったクリームティーをいただくことにしました。

f:id:reisenundjedentag:20170423211833j:plain

結構大きかったです。

苦手なレーズンが入っていたことと、私が見つけられなかっただけなのか、ジャムがなかったため、個人的には2日目に行ったお店のほうがよかったです。

でもこのカフェ、明るくて広々していて、博物館めぐりの休憩にちょうどよさそうです。