旅の話と日々のこと

2017年4月までドイツに語学留学してました。

ロンドン旅行記 最後の夕食には韓国料理を

前日、というよりこの日の朝までは、夕食はチャイナタウンで台湾フライドチキンとバブルティー!と考えていたのですが、お昼のフィッシュアンドチップスとおやつのクリームティーがまだお腹に残っていて、そんなに脂っぽいものは無理かな、ということで、韓国料理を食べることにしました。

 

さすがロンドンです。

韓国料理も、普通のレストラン、お寿司の看板のほうが大きいレストラン、ファーストフード風韓国料理、といろいろそろってます。

ただ、なかなか食べてみたいと思うものに出会えず、食べないという選択もありかなぁなんて思い始めていた頃、大英博物館の近くで気になる韓国料理のお店を見つけました。

その名も、ビビンバカフェ。

小さなお店だけど、ここだったら間違いがなさそう!ということで、入ってみました。

店員さんは韓国人で、お客さんは、韓国人もいたけど、中華系の人やヨーロッパ人もいました。

とても小さなお店なんですが、雰囲気はよさそうだったので、ここで食べることに。

石焼ビビンバを注文。

f:id:reisenundjedentag:20170502152457j:plain

 スープもついてきて、お昼に食べたフィッシュアンドチップスより安かったです。

ただ、ゆで卵なのがちょっと...

「ゆで卵ですか?」と聞いたら、「半熟です」と言われたのでそのまま入れてもらったのに、これはどう見ても完熟...

そして、牛肉もいらなかったかなぁと。

いらないといえば取ってくれるようだったので、取ってもらってもよかったかもしれません。

コチュジャンは席においてあったので、自分で好きなだけ入れる形式です。

その容器が一般的に使われているケチャップの容器と同じだったので、前の席に座っていた中華系のお姉さんが、「ケチャップじゃなくて、チリソースがほしいのよ!」と怒ってました(笑)

私、韓国料理のお店に置かれた赤いソース=コチュジャンで、何の疑いも持たなかったですよ(笑)

 

このお店、値段はロンドンにしては安いし、場所も大英博物館のそばと悪くなかったので、機会があればまた行ってみたいです。

イギリスにいるからって、必ず毎日イギリス料理を食べる必要もないですしね。

たとえ短期の旅行であっても(笑)