旅の話と日々のこと

2017年4月までドイツに語学留学してました。

帰国後に出会ったドイツに関する本・テレビ番組

仕事を始めて1週間が経ちました。

帰国してからは3週間ちょっと。

ドイツに行く前と何が変わったかと言えば、ドイツへの愛着が芽生えたことですね。

自分でドイツを選んだのに、行く前はそこまで思い入れが強くなかったというのも変な話ですけど、でも、そうなんです。

ドイツへ行く前に好きだったものとも、心の距離ができているのを感じたり。

たった8ヶ月ですけど、ドイツが私に与えた影響は大きいようですね…

 

そんなわけで、帰国後に出会ったドイツのもの。

ドイツに行く前から知っていたものなんですけど、見る視点が変わったな、と。

まずはこちら。

 

犬とペンギンと私 (幻冬舎文庫)

新品価格
¥648から
(2017/5/23 12:23時点)

小川糸さんのエッセイは、ドイツに行く前からたくさん読んでました。

実は、小川さんのエッセイの影響で、それまで全然興味のなかったベルリンが魅力的に感じるようになったのでした。

ベルリンのガイドブックを読むより、小川さんのエッセイの中に出てくるベルリンのほうが、私に与えた影響は大きかったです。

とはいえ、最初の訪問でがっかりし、結局ベルリンで暮らすことはなかったのですけどね。

何度か訪れるうちに、私もベルリンはすてきな街だと感じるようになり、帰国後に読んだ小川さんに描くベルリンの良さに共感することもできました。

後半の西ドイツ生活が全然楽しくなかったので、素直に最初の計画に従っていればよかったな。

と、私の人生そんな後悔だらけです(笑)

 

そして、映像で見るドイツ。

www6.nhk.or.jp

日本に帰ってきてから、NHKの番組をよく見てます。

このシリーズは結構長く続いていて、何度か見たことがありますが、ドイツに行く前に見たドイツ特集はベルリンだけでした。

帰国後、ちょうど東ドイツライプツィヒ特集を再放送していました。

ライプツィヒは、去年の大晦日にレーゲンスブルクから電車でベルリンに向かうときに通り過ぎただけのだけの駅だったのですが、その駅がとてもすてきだったのだけ覚えてます。

行ったことがない街ですが、ドイツのどの街にもあるお店がたくさん映像に流れ、それを見ているだけでドイツが懐かしくなってしまいました。

私がドイツ生活の前半で暮らしたレーゲンスブルクや、訪れたことのある街もいくつか扱われたようなので、今度は別のドイツの都市でも見てみたいなぁなんて思いました。